読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Six Strings Lovers

ギターやエフェクター・その他音楽機材について語ります。

ストラトの音のビビりと12Fの音程

今回はボクも現在模索中の、ストラトの音のビビりと12Fの音程について考えたいと思います。

 

f:id:scam45:20170324164758j:plain

 

 

ストラトの特性として6弦側の12Fの実音(ハーモニクスじゃなくてね)が#(シャープ)する傾向があります。

これは指板のRが大きく関係しているわけですが、弦高をあげれば上げるほどハーモニクスは合っているのに、指で抑えた時の実音は#(シャープ)します。

 

弦高を下げていけば、実音も本来の音程に近づきますが当然ながら今度は音のビビりが発生します。

 

適正なネックの状態でもこの現象は多くみられ、どこで調整の妥協点を見つけるかが大きなポイントになります。

 

 

 

 

 

 

①アンプで音を出した際にビビりが無ければ許容範囲と言われています。

生音でビビりが発生していてもアンプで感じない程度であれば許容範囲と言われています。

個人的には無いに越したことは無いと思っているのですが…

 

 

 

 

②適正な原稿は???

ポイントとしては6弦の弦高を12f上で1.8mmから2.0mmぐらいの範囲で調整し、オクターブチューニングをした状態がデフォルトになります。

Gibson系のギターなどではかなり低い弦高になると思いますが、ネックがストレートだとこのぐらいの弦高が許容範囲となります。その際もおそらく12fの実音は#しているのですが…

 

 

 

 

③本来はFender系はカッティングする楽器

ストラトキャスターの登場する背景などを考えると本来は、カッティングするために生まれてきた楽器と言えると思います。

この辺も関係あるのかなぁと思います。

 

 

 

 

③あまり神経質になるのは禁物

大事な楽器はやはりベストな状態に保ちたいもの…

ですが、あまり神経質になりすぎるのも如何なものかと思います。相手はナマモノですから(木だからね。)コンディションもどんどん変わります。

どんどん弾いて上げることが大事じゃ無いでしょうか?

 

 

 

 

 

他にも、もちろん原因としてはネックの反り、フレットの磨耗、ナットの磨耗などがあるかと思いますが、Fender系の特徴として今回は取り上げてみました。

そのギターの良いところと苦手なところがあると思いますが、それを把握した上での演奏が一段また良い楽曲作りや、演奏につながるのでは?と思います。

 

また、解決策などがあれば検証していきたいと思います!!

 

 

 

 

 

【IBANEZ (アイバニーズ)】 TS9 TUBE SCREAMER オーバードライブ/ブースター

ド定番オーバードライブの TS9 TUBE SCREAMER 。

Boss のBlues Driver/ブルースドライバーと一緒で、一度はみんな通ってまた戻ってくるエフェクターでは無いでしょうか?

そんなTS9について考察したいと思います。

 

f:id:scam45:20170414184732j:plain

 

 

 

TS9といえば、スティーヴィー・レイ・ボーンを始め、数多くののミュージシャンが愛用した世界的名機です。

息の長いエフェクターですので、作られた時期により明確に評価が変わります。

ただ、現行品も中々に評価が高いのでこれはこれでという感じかと思います。

 

www.youtube.com

 

こちらの動画を見るといかに、MIDを持ち上げるエフェクターかということがわかります。

定番の使い方はチューブアンプで歪みを作って持ち上げる、クリーンブースターの使い方が多いです。

“DRIVEツマミはゼロで”という使い方が定番ですね。

 

 

こちらはVintage と現行品の比較動画です。

 

www.youtube.com

 

結構、ニュアンスが違いますよね?

こういうエフェクターは必ずビンテージが偉い!!ということは全然なくて、使用する方向によって現行品の方が良かったりもします。

個人的には、“ガンガン”使っていける現行品も好きだったりします。

 

この辺はモデファイ品も世にたくさん出ていますので、泥沼にハマる覚悟ができたら比較・検証してみたいですね!!

 

 

 

 

【MXR】M169 Carbon Copy Analog Delay / カーボンコピーアナログディレイ

今回はボクの大好きなエフェクター【MXR】M169  Carbon Copy Analog Delayをご紹介したいと思います。

空間系のエフェクターの中でダントツに好きなペダルです。

これがあるだけで、弾いていてとても気持ち良く弾いていられます。

 

自分が上手くなったのか?と錯覚させてくれるペダルでもあります。(笑)

 

 

 

f:id:scam45:20170414181942j:plain

 

 

 

M169 Carbon Copy Analog Delayはエコープレックス等に代表されるテープ・エコー・サウンドの再現をコンセプトに設計された本機は、アナログならではの温かみのあるサウンドが最大の魅力です。

トゥルーバイパス構造の為、エフェクトをONにしていない時はピュアにギターの音をバイパスします。

 

 

 

f:id:scam45:20170414183124j:plain

 

■コントロール:REGEN(Feedback)/ エコーのリピート量を決めます。
         MIX(Delay Level / エフェクト音と原音の比率を調整します。
         DELAY(Delay Time)/ エコーのリピート量を決めます。

■ディレイタイム:最大600ms
 
 
 
 
アナログディレイとしては最高の部類に入ると思います。
音像は綺麗ですが温かみがあり、最長600msまでディレイタイムを決められるので、音作りの幅は広いです。
逆に若干ショートディレイにし、MIXとRegenを調整する事により、温かみを利用してリバーブのような効果も得られます。
更にテープエコーのサチュレーション効果みたいなModスイッチも圧巻で、コーラスの様な効果を持っているため、ディレイタイムを短くすれば立体的なコーラス、長くすれば正にテープサチュレーションみたいな独特の効果を得られます。

実際使用しているとコーラスの代わり的な使い方をしている場合が、ボクの場合は多いです。
また、MODスイッチをONにするとテープ・エコー風のほのかな揺れ感が加わります。
 
サウンドは素直で、カントリーやロカビリー系のクリーン・サウンドはもちろん、空間を埋め尽くす様なファズ・サウンドとの相性も素晴らしいです。
 
 
多くのミュージシャンが数多くのエコー系ペダルの中でも「ONにしっぱなしで使える」というコメントを残している事からも証明されていると思います。
 

www.youtube.com

 

 

 

 
 

恵比寿 Psychederhythm / サイケデリズム 

中古で購入したPsychederhythm / サイケデリズムのストラトタイプをオーバーホールしてもらいに行ってまいりました。

 

 

f:id:scam45:20170411111758j:plain

 

普段、他のギターは別のリペアショップに出しているのですが、同店はリペアも有名ですし何より中古で購入したギターですのでデフォルトの状態に一度、可能な限り戻したほうが個体の持つ力を引き出せるかと思ったわけです。

 

 

 

Psychederhythmのオリジナルギター達を写真に撮らせていただきました。

 

f:id:scam45:20170411121925j:plain

 

ウッド調の内装の店内にオリジナルのギターが並びます。

 

 

f:id:scam45:20170411122033j:plain

 

 

 

 

f:id:scam45:20170411122101j:plain

この個体の塗装は非常に美しかったなぁ。

 

 

 

f:id:scam45:20170411122212j:plain

 

 

試奏もさせていただきました。

非常にセットアップが丁寧にされている印象です。ネックのシェイプもそれぞれで、モデルによってかなり違いがありますね。

 

塗装はポリがデフォルトでオーダーギターの場合はラッカーも出来るそうです。

個人的には、いわゆる“鳴り”ではラッカーに軍配が上がりますが、扱いやすさ等はポリに軍配があがるかなぁ。

 

いわゆる“Fender”系のシェイプのギターは工業製品として美しいシェイプだと思います。ただこれが探し始めると好みの仕様やカラーには、かなりの確率で出会えない気がします。

正直、マッチングヘッドのストラトなんて好みの仕様で出会えたことなんて無いですもの。

 

であれば、同店のようなお店で自分好みの一台を最初から作ってしまうことも、一つの選択肢であると思います。(予算が許す限りということになりますが…)

 

今回はネックのセットアップ・ナット交換・調整で¥12,000でした。

恵比寿駅から徒歩3分ぐらいの立地なため、場所柄もっとお高くなるのかと思いましたが標準的な価格もしくは安い方だと思います。安心しました…。

 

ぜひ、覗いてみてはいかがでしょうか?

久々に物欲を刺激されました!!

 

 

↓Psychederhythmさんのホームページです。

http://www.psychederhythm.com/

 

 

 

 

 

【Fender】 Champion 600

【Fender】 Champion 600の動画を掲載しました。

 

 

 

www.youtube.com

 

スピーカーはJansenのものに交換してあります。

スピーカーネットも合わせて交換済み。

 

 

小型アンプながら、一般家庭だとVolumeは6が限界ですね。。

かなり遠慮がちに弾いてます。

 

 

あくまで音質のサンプルとして御覧ください!!

 

 

 

アンプのセッティングの最短コース

皆様、アンプのセッティングはどのように行なっているでしょうか?

 

ライブハウスのアンプなどは、もちろん会場によって違うアンプがあるわけで同じMarshallのアンプでも品番や状態によって全くといって良い程、出音が違いますしもちろん会場の広さ・アンプと立ち位置との距離でも聞こえ方は違ってきます。

また、初めて出演するライブハウスなどでは当然触ったことも無いアンプをリハの短時間でセッティングしないといけません。

 

正解はわかりませんが、ボクのアンプをセッティングする際の順番を書いてみようと思います。

もしかしたら、“こっちの方がいいよ!?”なんてのもあるかと思いますが、お手柔らかに…

 

 

 

 

1. Bass,Mid,Toneは一旦、10に設定

アンプによって名称は違いますが、大きく分けてBass,Mid,Highの3要素だと思います。これをボクの場合は一旦、フルテンにします。

 

 

2. 要らない要素の音域を削る。

例えば、Highが強いなと思ったらHighを削り、Midが強いなと思ったらMidを削ります。

つまり足し算ではなく、引き算で音作りをします。

アンプの能力の最大はつまみ10です。引き算でバランスを整えた方が整える方向が一方通行になるので迷いにくいです。

 

 

3. 全体のボリュームを決める。

マスターボリュームとGeinのツマミで全体のボリュームを決めます。これはアンプで作りたい分の歪み量をGeinで作ってからマスターボリュームで、全体の音量を決めます。

 

 

4. エフェクターが効いた時の音量を決める。

ここまで出来たら、各エフェクターのエフェクト時の音量をそれぞれ決めていきます。

ボクは基本、エフェクトON時に気持ち音が持ち上がるところに設定しています。

 

 

いかがでしょうか?

経験上、良く使うアンプだと“多分、この辺だな”というのはあるかと思いますが、初めてさわるアンプなどの場合は参考になるのでは無いでしょうか?

もちろん、ジャンルやギターによってもいろいろだとは思いますので参考程度によろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

【MAXON】OD9 Over Drive

前回はMaxonのオーバードライブの中でもちょっとマニアックな存在の、OOD9を掲載しました。

 

www.sixstringslovers.xyz

 

 

 

正直、OOD9はちょっとクセが強いのと設定の範囲が狭いのでかなり相性を選ぶかと思います。

ほとんどのギタリストがそうかと思いますが、自分のアンプを持って歩ける環境には無いのでライブハウスなりスタジオにあるアンプを使用しています。

OOD-9だと、マッチしないアンプも多く主にHighが足りなくなる傾向にあります。

そんな時に、“Toneがあればなぁ…”という場面も少なくありません。

(その代わり、マッチした時はこれでしか出せない音があります。)

 

そんな時にOD9があると、かなり潰しが効きます。

 

 

 

f:id:scam45:20170331193102p:plain

 

 

■コントロール:ドライブ、トーン、レベル
■電源:9V乾電池1本又はACアダプタ(別売)
■寸法、重量:124(D)×74(W)×54(H)mm、580g(電池を含む)


~メーカーサイトの解説より~
■心地よいサステインと太くナチュラルな歪み、スムーズにチューブアンプをブーストする定番オーバードライブとして多くのプレイヤーに愛用されたOD-9。初期オリジナル回路(JRC4558D IC等)と新たにTBS(True Bypass Switching)を採用することにより従来のウォームチューブ・トーンとピュアバイパス・トーンを実現したリニューアルモデル。
■TBS(トゥルー・バイパス・スイッチング)採用。エフェクトOFF時に信号が電子回路を一切通らず完全なバイパス状態になり、直接つないだ時に限りなく近いバイパス信号をアンプに送ります。エフェクト/ノーマル切換えスイッチには、ローノイズのメカスイッチを採用しました。

 

 

 

 

【トゥルーバイパス】

トゥルーバイパスなので、音の劣化が少なく思います。やはり複数のエフェクターをカマす場合には重要な要素だと思います。

 

 

 

【音の傾向】

非常にナチュラルな歪みだと思います。クランチぐらいの歪みまでが得意なエフェクターです。どちらかというとMIDが強調されて、若干Bassが削られる傾向にあります。

よく、比較されるのがIbanezのTS9 Tube screamerだと思いますが個人的には全く比較にならない音の傾向だと考えています。

Maxon OD9の方がウォームな歪みの傾向かと思います。

キャラクターはOD系の中でも控えめな部類でハードな歪みは苦手ですが、ギターサウンドの主軸となる中音に重きを置いた、粘りのある芯の太いサウンドを供給してくれます。

スタックアンプ・コンボアンプ等タイプを選ばす、さまざまな環境で使えるペダルだと思います。

 

 

f:id:scam45:20170331194209p:plain

 

 

【MADE IN JAPANの所有感】

Maxon のエフェクターは純国産を謳っています。やはり、純国産の所有感というものは感じます。

なぜか安心感がありますね。

 

 

 

【価格】

実勢価格で¥13,000~といったところでしょうか?(2017/3/31現在)

このクォリティで純国産でこの価格は非常に安く感じます。

 

 

 

 

【現在の仕様】

 

初期オリジナル回路(JRC4558D IC等)と新たにTBS(True Bypass Switching)を採用することにより従来のウォームチューブ・トーンとピュアバイパス・トーンを実現したリニューアルモデル。

 

とメーカーホームページにあります。ウル覚えですが以前はこの記載は無かったので、もしかしたらいつからか仕様が変更になっているのかもしれません。

ボクの個体は結構、前に購入した個体ですので今の仕様の方が良さそうだなぁ。。

 

今、購入するのであればオークションなどの中古の個体より、新品の現在の仕様のものを購入された方が賢明かもしれません。